• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2020/05/29

ちょこっとテクニック

電子レンジでつくれる! お手軽アロマキャンドル

※2020年5月29日に掲載した記事の再掲です

b180411_13
皆さんは、エッセンシャルオイルを、芳香浴以外で使うことはありますか?
アロマバスやアロマトリートメントに使うのもおすすめですが、ハーブクラフトに使ってみるのはいかがでしょうか。
中でも手軽なのが、アロマキャンドル。火も湯煎も必要なく、作業時間も30分で事足りるので、とても手軽です!
そこで今回は、環境にもやさしい大豆オイルからつくられたソイワックスで、アロマキャンドルをつくってみました。

用意するもの

b180411_1
【キャンドル1個分】
・お好みのエッセンシャルオイル 10~30滴程度(お好みの量でOK)
・キャンドル用の耐熱性のビン(50ml程度のもの) 1個
・ソイワックス(ロウ) 50g
・ボタン 1個
・タコ糸 10cm程度
・割りばし
・紙コップ

1.キャンドルの芯をつくる

b180411_2
まず、ボタンにタコ糸を結び、キャンドルの芯をつくります。
ボタンは重しの役割を果たします。そのため、どんなボタンでもよいのですが、穴が小さいと、タコ糸を通すのが大変ですので、ご注意くださいね!(今回がそうでした…)

2.電子レンジでソイワックスを溶かします

b180411_3
カップにソイワックスを入れます。
今回は、ソイワックスが溶ける状態を見たかったので、不要になったカップを使いましたが、紙コップで問題ありません。
b180411_4
電子レンジのワット数によって、溶ける時間は変わります。
今回は、750Wの電子レンジで、約2分ほど様子を見ながら溶かしました。

3.溶かしたソイワックスに芯をくぐらせる

b180411_5
(1)でつくった芯を、ソイワックスにくぐらせます。
b180411_6
そして、真っ直ぐにして乾燥させます。
その際、画像のように、割っていない割りばしに、タコ糸を挟むのがコツです。

4.芯をビンに固定する

b180411_8
ボタンを下にして、タコ糸の上の方を割りばしで挟んで、固定します。

5.エッセンシャルオイルで香り付けする

b180411_7
溶かしたソイワックスに、お好みのエッセンシャルオイルを、10~30滴程度加えます。
今回は、虫除けの期待も込めて、爽やかなレモングラスの香りにしました。

6.ビンに流し込む

b180411_9
(5)をビンに流し込み、しっかり固まるまで置いておきます。
b180411_10
溶けた状態は黄色ですが、徐々に白くなり固まっていきます。

出来上がり!

b180411_11
固まったら割りばしを外し、芯を程よい長さにカットして出来上がりです!
一切、手こずるような工程はなく、キャンドルが固まるまで、所要時間は約30分程度でした。

参考までに……
今回、ソイワックス1kgを1,200円で購入したので、50gあたり60円。耐熱性のビンは、100円ショップのもので、エッセンシャルオイル以外の材料費は、200円もかかっていません。

火を灯して香りを確かめてみよう

b180411_12
キャンドル自体から、ほのかなレモングラスの香りが楽しめます。
火を灯すと、炎のゆらぎと、温かみのあるレモングラスの香りが、安らぎを与えてくれます。
b180411_13
リビングや洗面所には、空間を清浄に保つジュニパーやティートゥリーの香りを、キッチンには、生ゴミの匂い消しに役立つペパーミントやレモンの香りがおすすめです!
 
とてもかんたんに出来ますので、皆さんもぜひお試しくださいね。

カテゴリ
タグ
最近の投稿