• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/08/17

取材舞台裏

南阿蘇村産ハーブの魅力をレポート

b170817_main
現在、enherbは、熊本県南阿蘇村にある契約農家さんのご協力の下、ハーブの収穫や試験栽培等進めています。
例えば、今年で3年目を迎えるチェストツリーの栽培がそのひとつ。
また「夏の福袋」の目玉でもあった摘みたてレモングラスなども、南阿蘇で育ったものです。
 
そこで今回は、チェストツリーの生育の確認や、現地視察をしてきましたので、その模様をレポートします!

南阿蘇村とは

b170817_01
南阿蘇村は、阿蘇五岳を中心とする世界最大級のカルデラと外輪山で形成されています。ぐるりと山で囲まれており、標高が高く冷涼で、多雨な地域であるため、農業がとても盛んな地域です。

ワイルドなハーブたち

b170817_02
1つめの農園では、オーガニック認定を受けた土壌で、レモングラスをはじめ、チェストツリーやペパーミントが栽培されています。
b170817_02_lemongrass
レモングラスは約60cmほど。葉の色が青々と濃くて、とても立派です!
b170817_03
ペパーミントはあちこちに。繁殖力が旺盛です!
b170817_04
enherbが植樹したチェストツリー。果実が黒くなったら収穫時です。
まだ3年目の試験栽培ですが、いつかこの農園のチェストツリーが、皆さまのお手元に届く日が来るはずです。

無農薬栽培にこだわったハーブ農園

b170818_1
そして、もうひとつの農園へ。こちらもオーガニック認定を受けた土壌で、無農薬にこだわったハーブを栽培しています。
b170817_06_og
ここのレモングラスは約80cm! あと1ヶ月後位に、3回目の刈り取り予定だそうです。
b170817_07_og
ハウスの中でもレモングラスが栽培されていました。ハウスの方が成長が早く、高さは1mにも!
b170817_08_og_lemonbalm
他にも、レモンバームやレモンバーベナ、メドウセージ、バジルなども栽培されています。
b170817_09_og_wahakka
さて、問題です。ここは、何のハーブ畑だと思いますか?
b170817_10_og_wahakka
答えは、和ハッカ。ホクト(北斗)という品種です。ペパーミントより少し甘味があり、清涼感のある香りと後味のバランスが、とても良いハーブです。

白川水源の湧水でハーブも丈夫に

b170817_11_og_shirakawasuigen
農園の湧水は中硬水で、ハーブの成長に不可欠なミネラルがたっぷり! そのため、より力強いハーブが収穫できるそうです。

南阿蘇村産ハーブをお届けします!

b170817_12_og_shirakawasuigen
肥沃な土壌と白川水源のミネラル豊富な湧水でたくましく育ったハーブ。ぜひ、皆さまにも味わっていただきたく、8月22日(火)より、enherb ルミネ北千住店にて、今回ご紹介した南阿蘇村産のペパーミントを、数量限定で販売いたします!

さらに、9月20日(水)より、enherb ジェイアール名古屋タカシマヤ店でも販売開始!
その後、南阿蘇村産のレモンバームと和ハッカ(ホクト)も、限られた店舗ではありますが、取り扱い予定です。こちらは、詳細が決まり次第お知らせいたします。
 
この機会に、大自然の恵みいっぱいのハーブを、お楽しみくださいね!

カテゴリ
タグ
最近の投稿