• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/07/21

ハーブのトリビア

ハーブティーとアロマセラピー

b170609_2
カラダにやさしい飲み物として、ハーブティーを楽しまれている方も多いかと思います。では、なぜカラダにやさしいのでしょうか。ノンカフェインや不要な添加物が含まれていないこともポイントですが、お茶として楽しむことで、ハーブの有効成分を取り入れることができるからです。
 
そこで今回は、ハーブティーで得られる有効成分と、アロマセラピー(芳香療法)で得られる有効成分の違いを、ご紹介します。

水溶性と油溶性の違い

b161226_main
ハーブには、複数の有効成分が含まれています。それは主に、水溶性有効成分と油溶性(脂溶性)有効成分に分類することができます。

水溶性有効成分
アルカロイド・タンニン・フラボノイド・サポニン・ビタミンCなど

 

油溶性有効成分
精油・脂肪酸・カロチン・ビタミンE・カロチンなど

 
ハーブをお湯で抽出すると、水溶性の成分が溶け出し、タンニンやビタミン・ミネラル類を、多く吸収することができます。その結果、アロマセラピーで使用する精油だけでは活用できない成分まで、体内に取り込むことが出来ます。

ハーブティーは、飲むことによって、体内の不調和を緩和しバランスを整えます。
一方アロマセラピーは、ハーブの芳香成分を鼻から取り入れ、脳に働きかけ、神経系に作用します。

両方を効率よく摂取するには?

b170721_2
それゆえ、ハーブティーとアロマセラピーを併用することによって、ハーブに含まれている水溶性成分と油溶性成分の両方を取り込むことができ、さらなる効果が期待できます。

なお、アルコールにハーブを浸したハーブチンキは、水溶性・油溶性の両方の成分を、一度に抽出することができる優れもの! ハーブのチカラを、最大限に取り入れたい方は、ぜひお試しくださいね。

>> 「いつでも一緒の頼れるお守り! エキナセアのチンキを作ってみよう」はこちら

カテゴリ
タグ
最近の投稿