• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/05/09

ハーブ散歩

河川敷に咲く万能ハーブ

こんにちは、WEB担当の山口です。
みなさん、ゴールデンウィークはどこかへお出かけされましたか?
私は、実家へ帰省しがてら、岐阜県の長良川河川敷で、ピクニックをしました。
b170509_main
河川敷というより、草原と呼んだ方がしっくりきます。色とりどりの草花が目に鮮やかで、中でも白色のハルジオンやキュウリグサ、紫色のレンゲソウにオオイヌノフグリ(大犬のフグリ=「大きな犬の陰嚢」という意味だそうです)、黄色のヘビイチゴの花が一面に咲き乱れ、清々しい気持ちになれました。
 
他にも、名前の分からない草花がたくさん生えていたのですが、超メジャー級のハーブを見つけました!
b170509_2
そう、カモミールです!

スマートフォンで撮影しておりますが、ここにしか咲いておらず、風に揺られると見切れてしまうほど、ひっそり佇んでおりました。
全体的にピンボケしており、失礼いたします。

b170509_1
横から見ると、こんもりとした黄色の花床(花托)が、カモミールであることを裏付けています。
思わず触ってしまう、こんもり具合。ドライのハーブよりも、もっとフローラルな香りがして、気分が華やぎます。
 
カモミールは「万能ハーブ」と呼ばれるほど、人への効能・効果もさることながら、植物への働きかけも優れています。
「植物のお医者さん」という別名をもっており、弱った植物の側に植えると、元気を取り戻してくれます。そのためでしょうか、カモミールより周りの植物が、ボーボーに育っています。
>> 〈植物のお医者さん〉コンパニオンプランツとは?
b170322_2
リラックスハーブの代名詞とも言えるカモミール。
休み明けは、ストレスや緊張でココロが不安定になりがちです。
そんな時は、カモミールのハーブティーでココロを元気付けて、晴れやかな気持ちでお過ごしくださいね。

《おすすめの飲み方》
カモミールは単体でもとても飲みやすいハーブですが、ペパーミントとのブレンドが断然おすすめ。リラックスの働きかけが増すだけでなく、風味も格段にアップ! カモミール単体で飲むよりも、後味がさっぱりして、食後にぴったりです。ミルクで割るのも◎ ぜひお試しくださいね。

カテゴリ
タグ
最近の投稿