• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2016/12/05

ライフスタイル

ゴホゴホ予防に! 冬のお守り、手作りアロマミストで空気を浄化しよう

b161206_1_680
季節柄、体調を崩しやすい時期です。前もって予定を組んでいても、当日体調不良だと、家族や同僚に迷惑をかけてしまったりと、生活への影響が大きいものです。しかし、身の回りに体調のあやしい人が増えてきても、露骨に避けるのは心苦しいですよね。

そこで、外敵から身を守る、アロマを活用した予防術をご紹介します。

周りの空気を浄化するようなイメージ

b161206_3_680
マスクで空気を遮断したり、うがいをして水際で食い止めたり、ピークのシーズンには、こういったことは大変有意義です。そこにプラス、少し楽しめる予防の方法として、アロマスプレーがあります。エッセンシャルオイルには、抗菌や殺菌、さらには抗ウイルスの作用を持ったものが多くあります。そのチカラを利用して、自分の周りの空気を、きれいにするようなイメージです。

ゴホゴホ予防に使いたい精油

b161206_main_680
まず外せないのが、ティートゥリーとユーカリです。強力な抗菌および抗ウイルス作用を持っており、どちらもすっきりとした香りのエッセンシャルオイルです。

また、リラックスのイメージの強いラベンダーも、実は抗菌・抗ウイルスに優れています。ティートゥリーやユーカリが、少しクセを感じる場合には、ラベンダーと合わせると使いやすくなります。

その他、「ホワイトティートゥリー」とも呼ばれるカユプテやペパーミントなどもおすすめです。ディフューザーなどで香らせておくのもいいですが、持ち運べるアロマミストを作っておくと便利です。

ゴホゴホ予防に! アロマミストの作り方

b161206_4_680

[材料]
・精製水 80cc
・無水エタノール 20cc
・エッセンシャルオイル(合計10滴)
 └ ラベンダー 5滴
 └ ユーカリ 2滴
 └ ティートゥリー 3滴

[道具]
・スプレーボトル(容量100cc、瓶タイプのもの)
・計量カップ

[作り方]
① 清潔なスプレーボトルに無水エタノール、続いて精油を入れます。
② さらに精製水を入れ、キャップをします。ゆっくりと上下にひっくり返すようにして混ぜればできあがりです。

[注意]
◎ 無水エタノールは、肌刺激が強く、引火性もあるため、取り扱いには十分注意をしましょう。
◎ 目や口などに入らないように使いましょう。
◎ このレシピでは、肌に使うのはおすすめしません。
◎ 使用時、家具や衣類などのシミや変色に注意してください。

 
 
無水エタノールは薬局などで手に入ります。エタノールや精油はプラスチックを溶かすので、スプレーボトルは、瓶タイプのものを選びましょう。それ以外は意外と簡単にできてしまうので、冬のお守り代わりに、ぜひ一度チャレンジしてみてください。

カテゴリ
タグ
最近の投稿