• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/06/27

ライフスタイル

メディアで再び話題に! うっかり予防のアロマをおさらい

※2016年7月4日に掲載した記事の再掲です
b160704_2_main
昨日より、昼と夜で使い分けるオイルに関して、多くの問い合わせをいただいております。
メディアで大々的に取り上げられ、人気が再燃しているようです。そこで改めて、昼と夜で使い分けるオイルの特徴を、ご紹介します!

香りは脳へと伝わる

b160704_2_2
香りを嗅ぐと、気持ちが明るくなったり、懐かしさを覚えたりしませんか?
それは香りの分子が、嗅覚の神経を介して、脳へと伝わっているからです。この香りのチカラを借りて、ココロやカラダのトラブルを穏やかに回復させる(本来の健康を取り戻す)ことを、アロマセラピー(芳香療法)と言います。
昼と夜で使い分けるオイルも、香りのチカラで、ココロとカラダにメリハリを与えられるよう設計されています。

〈うっかり〉予防に、アロマセラピーが有用

b160704_2_4
年齢を重ねるにつれ増える〈うっかり〉の予防に、アロマセラピーが役立つと、ある大学の研究で実証されました。昼はローズマリーとレモン、夜はラベンダーとオレンジ。
どちらも2:1の比率でブレンドした香りを、それぞれ2時間以上楽しむだけです。

大学の研究結果に基づいたブレンドエッセンシャルオイル

b160704_2_3
enherbの「いきいき世代のアロマ」は、研究で成果が確認された香りと同じ配合でブレンドした、100%天然のエッセンシャルオイル。
昼用は、クリアな感覚でイキイキと活動したい日中に、夜用は、休息に向けてのリラックスタイムにおすすめの香りです。使い分けることで、生活リズムを整えることができますので、アロマを習慣化させていきましょう。
 
それぞれ、ディフューザー(芳香器)やアロマペンダントなど、お好きな方法で身の回りに香らせ、植物の香りのパワーを、実感してくださいね。


>> 「いきいき世代のアロマ」特集ページはこちら

カテゴリ
タグ
最近の投稿