• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

シングルハーブティー

パッションフラワー

甘い草木の香りとクセのない味に、かすかな渋み

気分がたかぶる時、考え事が頭から離れない時に

パッションは「情熱」ではなく「キリストの受難」の意味。花の形がキリストが最期に被っていたイバラの冠を思わせることから、「受難の花」と呼ばれるようになりました。日本では、花が開いた様子が時計の文字盤に見えることから「トケイソウ」と呼ばれています。
眠れない夜や大きな不安を持って気持ちが休まらない時、怒りを取りはらえない時には、温かいハーブティーを。草木のようにクセのない爽やかな香りと味わいで、ココロがほっと和みます。女性特有のイライラなどにも使いやすい、穏やかなハーブです。

科名
トケイソウ科
学名
Passiflora incarnata
和名
メイポップ、チャボトケイソウ
英名
Passion Flower
使用部位
地上部

コメント