• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/10/06

取材舞台裏

ポマンダー作りのシーズンです!

b171006_6
昨年の今頃に、ブログでご紹介したフルーツポマンダー。
>> 「〈香りの魔除け〉フルーツポマンダーをつくろう」はこちら

クリスマスを彩るハーブクラフトとして、日本でもだんだんおなじみになってきました。
西洋では、幸せを呼ぶ香りのお守りとして、クリスマスの風物詩になっています。
私たちは、ハーブ専門店として、皆さまに幸せの“ハーブな”香りをお届けするべく、スタッフ総出でディスプレイ用のポマンダーを、手作りしています。
今回は、その模様をご紹介します!
b171006_2
まずは、オレンジにマスキングテープを巻くのですが、軽い気持ちで、セロハンテープを巻きました。(これが後の悲劇を生むのです…)
2年前に作ったポマンダーをお手本に、「間隔はこれぐらいかな?」とクローブを挿していきます。
b171006_1
皆で挿していると、お隣さんのポマンダーを見ては、「えっ!?」となることしばしば。
クローブが整列していたり、隙間なくびっしり埋め込む几帳面な人もいれば、その逆も…クローブの挿し方に個性が表れます。どれも間違ってはいません! 気にせず挿していきます。(内心、気が気ではありませんが…)
b171006_3
爽やかなオレンジに、エキゾチックなクローブが合わさり、異国情緒あふれる香りに包まれます。
クローブは、日本で「丁子」や「丁字(ちょうじ)」と呼ばれます。漢字からも分かるように、「釘」に似たカタチをしており、挿しやすいのですが、乾燥した花蕾が硬く、親指にダメージが蓄積されていきます。でも、挿すたびに漂うこの香りのハーモニー…やめられません!
指サックや絆創膏をすると、ダメージを防げるかもしれませんね。
b171006_4
クローブを挿し終わると、シナモンパウダーでコーティングです。
シナモンにも、抗菌や防腐作用があるので、生のオレンジがカビにくくなるのです。
しかし、ここでオレンジの果皮に含まれる精油成分リモネンが、驚愕のパワーを見せつけます!

「あっ、あれ? テープが剥がれない」

そう、巻いたセロハンテープが、溶けかかっているのです!
剥がすのに一苦労……やはり、マスキングテープで巻くのがベストですね。
b171006_5
松ぼっくりのようなフルーツポマンダーが、続々と出来てきました。
でも、まだ完成ではありません。これから1ヶ月近く、風通しのよい場所で乾燥させます。
この乾燥が、一番気をつけなければいけないポイントです!
b171006_7
乾燥が一気に進むこの時期は、ポマンダー作りに最適とは言え、週末の雨予報にはらはら。
幸せを運ぶ香りのお守りとして、店頭に並ぶ日まで、もうしばらくお待ちくださいね!

カテゴリ
タグ
最近の投稿
メルマガ

無料アプリ
「まいにちハーブ」

ハーブを楽しく続けられる記事を更新中。

AppStore Google play
AppStore Google play