• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/05/15

ハーブ散歩

緑道で見つけた美声のハーブ

春と表現するには違和感を覚える、汗ばむくらいの陽気。夏の足音が、急速に近づいていますね。
毎朝通る緑道も、今が一番、緑が濃く感じられます。私は、この時期から、うつむき加減です。
それは、桜の木から落下した毛虫が増えてくるので、足元を警戒するため。だから、もっぱら下を見ながら歩いているのですが、今日は嬉しい発見!!
b170515_01
繁殖力旺盛なナガミヒナゲシの合間に、野生化したウスベニアオイが咲いていました!
b170515_03
色彩のコントラストとグラデーションがとっても鮮やかで、ほれぼれします。
このウスベニアオイ、英名ではマロウや、コモンマロウと呼ばれます。

そう! enherbでも取り扱いのあるハーブ、ブルーマロウのことです。

科学が身近になる!? 「ブルーマロウ」の活用法

b170515_05
鮮やかな花には、ポリフェノールや粘液質を豊富に含んでおり、このトロミが、ゴホゴホやイガイガなどの喉の不調に、大いに役立ちます。古くからオペラ歌手に愛飲されてきた歴史もあり、「美声のハーブ」とも呼ばれています。美容にも有用なため、とても人気の高いハーブのひとつです。
 
しかし、支持率の高さは、機能性だけではありません!
 
花に含まれる色素〈アントシアニン〉が、酸性かアルカリ性かによって色が変化することから、科学の実験や、夏休みの自由研究などで、利用されることも多いのです。

まるでマジック! 目にも楽しいハーブティー

b160913_change
いれたてのハーブティーは澄んだ青色で、時間が経つと徐々に青紫色へ変化します。そして、レモン汁を入れると酸に反応してピンク色に変わることから、「サプライズティー」の名で親しまれています。

アルカリ性へ戻すには、重曹やにがりを入れると、再び青色に変わります。
b170515_02
ウスベニアオイの開花時期は、まさに今! 8月頃まで楽しめます。
帰化植物として定着しているようですので、皆さんのお住まいの近くにも、ウスベニアオイが咲いているかもしれません。
時折、足元に目を向けて、意外な発見を、お楽しみくださいね!

カテゴリ
タグ
最近の投稿
メルマガ

無料アプリ
「まいにちハーブ」

ハーブを楽しく続けられる記事を更新中。

AppStore Google play
AppStore Google play