• 店舗のご案内
  • オンラインショップ

enherb BLOGハーブをこよなく愛する者たちの課外活動

2017/11/16

ちょこっとテクニック

美味しいブレンドティーの作り方アドバイス

※2016年11月7日に掲載した記事の再掲です

b161107_680
前回ご紹介した「シングルティーとブレンドティーどちらを選べばいいの?」を踏まえて、今回は実際に、ブレンドティーを作ってみましょう。

美味しいブレンドティーを作るには、いくつかのコツがあります。実際に、ブレンドを作り始める前に、そのポイントをチェック! 基本を押さえたら、あとはお好みに合わせて、アレンジを楽しんでくださいね。

1.味の主役となるハーブを決める

b161107_2_680
数種類のハーブをブレンドして、まったく違う味を作り出すというより、どれか1種類のハーブを主役に決め、そこに他のハーブを加えて、アレンジしていくのが失敗しないコツ。とくにビギナーは、この主役のハーブを、自分の好きな味のハーブにすると、上手にブレンドできます。

酸味が好きな方はハイビスカス、香ばしい風味が好きな方はダンディライオンルートや黒豆、ハトムギなどを軸にするのがおすすめです。

2.苦味の強いハーブばかりを使わない

b161107_3_680
ハーブの働きを重視するばかりに、苦味の強いハーブばかりを使うと、飲み続けることを躊躇われる、お薬のような風味になってしまいます。苦味の強いハーブを使う場合は、他のハーブより量を控えめにしましょう。
代表的な苦味のあるハーブは、フィーバーフューやスカルキャップ、ギムネマなどです。

3.苦味と酸味はケンカをしやすい

b161107_4_680
苦味と酸味は、どちらも主張の強い味。苦味の強いハーブと、酸味の強いハーブをブレンドする場合は、同じ量を使うのではなく、どちらか一方を軸にして、もう片方の量は控えましょう。

4.味のバランスが悪いと感じたら旨みの強いハーブをプラス

b161107_5_680
ローズヒップやジャーマンカモミールなど、旨みが強いハーブを加えると、味全体にまとまりが出て、まろやかで飲みやすい味になります。
甘味が欲しい時は、エルダーフラワー、オレンジ、ジャーマンカモミール、フェンネル、リコリス、ステビアなどをブレンドするのがおすすめです。
 

いかがでしたか? オリジナルでブレンドティーを作るとなると、ハーブの風味と働きかけを知ることが必須となります。ちょっとハードルが高いな、でも自分だけのブレンドティーを作りたいな、というお客さまは、ぜひenherb 店舗へお越しください。

あなただけのブレンドティーを! フルオーダー調合承ります

b161107_7_680
店舗では、カウンセリングさせていただきながら、お客さまだけのハーブティーをお作りするサービス「フルオーダーメイド調合」を承っております。調合後は、必ず試飲をご用意いたしますので、風味の微調整も可能です。自分だけの、スペシャルなブレンドティーをお楽しみくださいね!
>> 「エンハーブを楽しむ秘訣」はこちら

カテゴリ
タグ
最近の投稿
メルマガ

無料アプリ
「まいにちハーブ」

ハーブを楽しく続けられる記事を更新中。

AppStore Google play
AppStore Google play